メイン画像
星占い相談室

12人の優しい男たち

ここに12人の男がいます。

アイドルグループ
「12 STAR LIGHTS」のメンバーです。

12人は、1人ひとり異なる
12の星座に生まれました。

12人には、1人ひとり異なる
12通りの考え方があります。

読者から寄せられるご相談・ご質問に
毎週12人でお答えして参りましょう。

これは、星たちの言葉で紡ぐ
人を愛するための物語です。

 

Illustration by Kotoka Izumi

第454回:
ものの数え方の話のつづき(後編)

星占い相談室「12人の優しい男たち」獅子座のライオ

「カリスマぼっち」 獅子座

ライオ

さあ後半スタート。

今週は話したいことがあるメンバーが話す、自由な感じでお届けしている。

前半のユミヤにつづいて、話したいことがある人~!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

はい、はーい!

星占い相談室「12人の優しい男たち」獅子座のライオ

「カリスマぼっち」 獅子座

ライオ

おっ、ゴオト。

どんな話!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

前半でユミヤに「10から1まで、カウントダウンしてみて」って呼びかけられて。

僕たち、カウントダウン、したよね!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」獅子座のライオ

「カリスマぼっち」 獅子座

ライオ

ん?

した、けど?

星占い相談室「12人の優しい男たち」射手座のユミヤ

「俺イケてる詐欺」 射手座

ユミヤ

え、なになに!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

知ってる!?

昔の日本では、カウントダウンをするということが、なかったんだよ!

「いち、にの、さん」とかカウントアップはしても、カウントダウンはしなかった。

江戸時代まで日本に、「0(ゼロ)」という数の概念が、なかったからなんだって!

星占い相談室「12人の優しい男たち」射手座のユミヤ

「俺イケてる詐欺」 射手座

ユミヤ

は(笑)!?

知らな~い!

星占い相談室「12人の優しい男たち」牡羊座のヒツジ

「行くぜ!俺最高」 牡羊座

ヒツジ

ゼロという、数の概念!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」牡牛座のオウジ

「ヨイショの帝王」 牡牛座

オウジ

いったいどういうこと!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

カウントダウンをするときといえば、新年を迎える年越しのとき、スポーツの競技をスタートするとき、ロケット発射のときなど。

どのときも、「3、2、1、0!」の「0」のタイミングが、はじまり。

カウントダウンをするときに、「0」は欠かせないよね!

言い方が「3、2、1、Go!」とかで違っても、「0」の瞬間が必要。

星占い相談室「12人の優しい男たち」双子座のニコ

「華の引きこもり」 双子座

ニコ

うんうん、それはわかる。

「3、2、1」の「1」まででは終わらない。

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

ランキングのカウントダウンとか、「1」までの場合もあるんだけどね!

基本的に、カウントダウンをするときには「0」のタイミングが必要。

だけど、昔の日本に「0(ゼロ)」という数の概念はなかったんだ。

という話をつづけるよ~!

大昔から数は、存在するものを数えるために必要で、使われてきた。

存在していないものを「0個ある」と数え表現する必要は、なかった。

それになにもない場合には、「無」や「空」といった表現があったから。

「0」は、なかったんだ。

星占い相談室「12人の優しい男たち」蟹座のカニカ

「一流弱気料理人」 蟹座

カニカ

数に「0」があらへん世界を想像するの、めっちゃむずいわ~(笑)!

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

無人は「0人いる」より「1人もいない」と捉えるのが自然だから、って想像すると、多少想像しやすい、かな!?

そんな中、「0(ゼロ)」が古代インドで発見され、アラビアなどを経由し、やがて日本へ伝わってきたんだって!

「無」を表す、数としての、「0(ゼロ)」ね!

「0、1、2・・・」っていうアラビア数字も、発祥はインドで。

江戸時代に伝来したようだけど、広く一般に知られ、受け入れられ、使われるようになったのは、明治時代みたい!

明治時代のことって、世界の歴史から見たら、割と新しくない!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」獅子座のライオ

「カリスマぼっち」 獅子座

ライオ

150年前、くらい?

新しくはじめて「0(ゼロ)」という数を知った当時の人たち、どう感じたんだろうな~!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

衝撃的だったかも~!

星占い相談室「12人の優しい男たち」牡羊座のヒツジ

「行くぜ!俺最高」 牡羊座

ヒツジ

「0(ゼロ)」という数の概念自体が、存在しなかったんだもんね!

星占い相談室「12人の優しい男たち」牡牛座のオウジ

「ヨイショの帝王」 牡牛座

オウジ

それに「ゼロ」って、英語から来た外来語にしても、似た日本語が思い浮かびにくい、独特の謎めいた響きをもってると思わない!?

0を足しても引いても相手の数を一切変えないのに、0を掛けるとどんな数も0に変えられて、あらゆる数を0で割ってはいけない。

そんな唯一の数、0。

考えてみたら不思議だし、不気味だよ(笑)!

星占い相談室「12人の優しい男たち」双子座のニコ

「華の引きこもり」 双子座

ニコ

0をこわいと感じる人や受け入れがたいと感じる人も、いたかもね!

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

だけど、いまとなっては世界中に普及してる。

「0(ゼロ)」という数の概念の発見、僕が言うのもなんだけど、すごいよね(笑)!

星占い相談室「12人の優しい男たち」蟹座のカニカ

「一流弱気料理人」 蟹座

カニカ

あれっ!?

そういや日本語の「零(れい)」は「0」、ちゃうん!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

「零」は「0(ゼロ)」の概念が日本に入ってきてから当てられた字で、元は「無」じゃなく「小さい」「少ない」「わずか」という意味だったそうだよ!

星占い相談室「12人の優しい男たち」蟹座のカニカ

「一流弱気料理人」 蟹座

カニカ

そうやったんや!

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

ちなみに日本に「0(ゼロ)」の概念がなかった昔、年齢の数え方は、生まれたときが1歳で、お正月を迎えるたびに1歳を加える「数え年」だった。

生まれたときを0歳として、誕生日を迎えるたびに1歳を加える「満年齢」が普及したのは、1950年代半ば頃のことなんだって!

星占い相談室「12人の優しい男たち」乙女座のオト

「言葉のピストル」 乙女座

オト

日常生活で当たり前に使ってる「0(ゼロ)」の歴史、意外と短い!

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

「0(ゼロ)」を知ってからの、変化・進化が急速なのかも、だよ!

「0(ゼロ)」の発見のおかげで数学や科学、人類の文明がいかに発展してきたかは、僕には説明できないけど!

かつて日本には、「0(ゼロ)」という数の概念も、カウントダウンをすることも、なかったっていう話でした!

みんな、聞いてくれて、ありがとうね!

星占い相談室「12人の優しい男たち」牡羊座のヒツジ

「行くぜ!俺最高」 牡羊座

ヒツジ

ゴオトはなんでその話を知ってるの!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

人から聞いてびっくりして、自分でも調べて。

知ってたけど、話したのは今回がはじめて~!

星占い相談室「12人の優しい男たち」獅子座のライオ

「カリスマぼっち」 獅子座

ライオ

思いがけず聞ける機会になって、よかったぜ!

ゴオトありがとう!

さあ次でラストにしよう。

話したい人、いるか~!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」水瓶座のボトル

「存在自体アート」 水瓶座

ボトル

はいっ、はいっ!

星占い相談室「12人の優しい男たち」獅子座のライオ

「カリスマぼっち」 獅子座

ライオ

おっ、ボトル。

どんな話!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」水瓶座のボトル

「存在自体アート」 水瓶座

ボトル

いまのゴオトの「0(ゼロ)」の概念の話から、連想した話~!

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

聞かせて~!

星占い相談室「12人の優しい男たち」水瓶座のボトル

「存在自体アート」 水瓶座

ボトル

「無」を意味する「0(ゼロ)」という数に、たしかなはたらきがあることに、あらためて驚いて(笑)!

これと似た感覚を感じた経験が僕、あるんだ!

小学校、3年生くらいだったと思う。

書道の時間でね、けっこう上手に書けたかも~なんて思いながら、先生に見せたら。

「書いた字が美しいことも大事ですが、その字によって残された、余白が美しいことも大事なんですよ」って、教えられたんだ。

もう、びっくり仰天!

どう説明したらいいのかな!?

僕は、半紙の上の、僕の書いた字が存在していない部分は、「無」だと思ってたの。

僕の書いた字だけが存在しているもので、それ以外にはなにも存在していない、と。

けどそれは、思い違いだった。

僕は字を書いたとき、字が存在していない部分を、かたちのある余白として生み出し、そこに存在させていたんだ!

「無」だから無視してた空間に、かたちのある「無」がたしかに存在するって、生まれてはじめて認識したんだよ!

しかもその、字が存在していない余白のかたちは、存在している字の姿と同等に、書の全体の美しさに関わってる。

このことに、めちゃくちゃ驚いたの!

うあ~、これ、伝わってる!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」天秤座のハカリ

「美しすぎるバカ」 天秤座

ハカリ

大丈夫大丈夫、伝わってるよ!

星占い相談室「12人の優しい男たち」蠍座のサソリ

「底なし沼の妖怪」 蠍座

サソリ

「無」である「0(ゼロ)」という数は、存在して、はたらきをもっているし。

紙の上の、字もなにもないところに、余白は存在して、はたらきをもっている。

星占い相談室「12人の優しい男たち」水瓶座のボトル

「存在自体アート」 水瓶座

ボトル

ありがとう!

それから、「僕はこの世界に存在しているだけで、僕が存在していない空間を定めている」って思ったりして。

星占い相談室「12人の優しい男たち」射手座のユミヤ

「俺イケてる詐欺」 射手座

ユミヤ

ごめん急にわかんなくなった(笑)!

星占い相談室「12人の優しい男たち」水瓶座のボトル

「存在自体アート」 水瓶座

ボトル

ごめん!

ええと、書道でたとえて言うと僕が「字」、世界が「半紙」で。

僕が存在していない、世界の中の空間が「余白」っていうこと。

それで、書道で教わったように、字そのものが美しいことも大事だけど、その字によって残された余白が美しいことも大事なら。

僕自身が美しく生きることも大事だけど、僕が存在することで生まれる世界の「余白」が美しいことも大事かも!って、思って。

生きていく上で、自分さえよければいいと考えて地球を汚しちゃいけないし、世界のあらゆる人や物事と、気持ちのいい、程よい距離感、美しい「余白」をもっていたい、ってイメージしたよ!

っていうのが僕が話したくなった話、でした!

星占い相談室「12人の優しい男たち」山羊座のゴオト

「いい人ぶりっこ」 山羊座

ゴオト

へえ~!

それを、小学生のときに思ったの!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」水瓶座のボトル

「存在自体アート」 水瓶座

ボトル

ううん、後半は最近思ったことだよ!

星占い相談室「12人の優しい男たち」魚座のサカナ

「自分探しの旅人」 魚座

サカナ

昔の記憶を思い出して、新たな気づきが!?

星占い相談室「12人の優しい男たち」水瓶座のボトル

「存在自体アート」 水瓶座

ボトル

そう!

星占い相談室「12人の優しい男たち」魚座のサカナ

「自分探しの旅人」 魚座

サカナ

記憶の解釈のし方が変化・成長していくの、おもしろいよね!

星占い相談室「12人の優しい男たち」水瓶座のボトル

「存在自体アート」 水瓶座

ボトル

同じ記憶でも解釈によって意味が変わるの、おもしろいよね!

みんな、僕の話を聞いてくれてありがとう!

星占い相談室「12人の優しい男たち」獅子座のライオ

「カリスマぼっち」 獅子座

ライオ

ボトルありがとう!

今週はユミヤとゴオトとボトル、3人の話だけで、盛りだくさんだったな(笑)!

読者のみんなにも、一緒に楽しんでもらえたならうれしいよ!

「行くぜ!俺最高」 牡羊座

ヒツジ

じゃ、今週はそろそろ締めさせてもらうよ。

読者のみんな、今週も最後までありがとう!

引きつづき、ご相談・ご質問、大募集中だ!

締めは全員で。

読者のみんなからの、ご相談・ご質問だけじゃなく、話してほしいトークテーマのリクエストも!

待ってるよ~!!!!!!

星占い相談室「12人の優しい男たち」獅子座のライオ

「カリスマぼっち」 獅子座

ライオ

星占い相談室「12人の優しい男たち」の公式LINEアカウントがある。

このボタン↓を押すと、窓口の俺を友だちに追加できるから、押してみて!

友だち追加

パソコンで見ている人は、スマートフォンのLINEアプリを起動し、ホーム画面右上の[友だち追加]でこのQRコード↓をスキャン!

友だち追加してくれたら、俺と直接、メッセージのやりとりができるぞ~!

作者:おおかみ

魚座《ひまちゃん》さん、メールのラジオの放送後記、楽しく拝見しました。

作者:おおかみ

本作は『ムーンプリンセス・妃弥子の星座占い大事典』(中経出版)をはじめとする星占いの資料を参考に創作したフィクションです。実在の人物とは関係ありません。

2024/06/14